「過払い金請求」のCMを見たことはありませんか?

「過払い金が請求できる!!」といったCMや、電車内での広告を見たことはありませんか。
その広告には、「こういった人はぜひご相談ください。」といったうたい文句で以前にお金を借りたことがある人で、その人がもし利息を払い過ぎていたらお金が戻ってくるかもしれないというような内容のものです。

すでに払い終わった利息がもどってくるなんて本当にあるのでしょうか。
答は、そういったことは実際にあるのです。

それはなぜかと言いますと、サラ金や、その他の貸金業者が利息を高くし過ぎていた場合それを返還しなければならないからなのです。
実際に、利息というのは「利息制限法」という法律で上限利息が決まっています。
その上限は15%(100万円以上の場合)です。
しかし、この法律には罰則がないために、一般の貸金業者はこれを守っていない場合が多いのが現状のようです。
そして、出資法という法律で決まっている上限利息を29.2%と定めていて、この法律を守らなかった場合に刑罰の対象となるため一般の貸金でお金を借りた時の利息がこの利息の適用をしている場合が多いのです。

したがって、(かなり大まかな説明にはなりますが)この実際に行われている29.2%と本来守らなければならない15%の差額が、はじめにあったように「払い過ぎた利息」として返還されることがあると言うのです。

この払い過ぎた利息を返還してもらうには、細かい規定などもあるので(借りた本人が手続きするのではなく)専門家に任せるのが一番確実な方法です。

利息についての正しい認識をぜひ持ちましょう。

もし、あなたがお金を借りているとして、元本についてかかってくる利息を「返す」とおもっているならそれは認識が誤ってしまっています。
なぜなら、利息は「借りているお金」とは性格が違うものだからです。
実際的には、お金を借りることによって利息が発生し、その利息も支払わなければなりませんが、借りているのはあくまでも元本であって利息分まで借りているわけではないからです。
なぜこのような解りきったようなことをわざわざいうのかと言うと、返済期間が長引いてくると「利息分」も返済していることとかわらないような感覚に陥るからです。
そして、サラ金や商工ローンなどでお金を借りて利息分だけ支払っているといえど、高利でお金を借りているためその利息分だけで、知らず知らずの内に元本を上回っている場合も少なくありません。

例えば、100万円を29.2%で借りた場合10年間利息だけを払っているとしたら、総額292万円を支払っていることになるのです。
もちろん多くの方は、「契約書」に書いている通りだから合法的であるし、やむを得ないと考える方がほとんどです。
その考え方は至極もっともなのですが、支払っている利息だけで元本の約3倍にあたっているという認識を持っておくことはとても大切なことになります。
もちろん、「他に借りるところがないから借りた、高利は最初に契約書に合った」ことは間違いありませんが、利息に関する認識を正しく持つことが大切なのです。

サラ金を利用している人は、日本の総人口の6人に1人!!

2004年現在、消費者金融を利用したことがある人は、約2079万人と言われています。総務局のホームページによると、日本の総人口は1億2710万人(平成26年2月現在・平成26年7月公表)となっています。
このことから考えると、6人に1人の人が消費者金融を利用したことがあるという割合になります。
消費者金融の利用者は年々増え続けているので、現時点ではいっそうこの割合が増えていると言えそうです。

そのうえ、消費者金融でお金を借りて、いまだその借りたお金を完済できていない人が約7割以上あるため、個人で借金をしている人が以下に多いかがお分かりいただけると思います。消費者金融でお金を借りる人と言うのは、銀行や信販会社などでお金を借りているか、そこでお金を借りることができない人が利用している場合が多いので、いくつかの債務があると考えることができそうです。

なぜなら、消費者金融の金利は、「年利18%以上、29.2%以下」で貸しつけをしている場合が多く、銀行や信販会社よりも金利が高いため、そのように考えることができるのです。
巷では、「景気が回復している」と言われていますが、この状況を見ると個人での景気が回復しているとは言い難いようです。

銀行や信販会社でお金を借りていて、そのうえ消費者金融でお金を借りている人がこれだけ多いということは、この人たちがなかなか債務を返せない状態であるということを現わしています。

「サラ金」についての正しい知識って?

サラ金・・・ってよく耳にするかもしれませんね。
でもなんとなくイメージで知っているだけで、きちんと知っている人は意外と少ないものです。

ではでは「サラ金」とはどういうものなのかをご紹介してみたいと思います。
サラ金の意味は、「お金を貸す事業をしていて、その対象が個人向けであるもの」と言う意味です。
もともとは、サラリーマンに貸す=サラリーマン金融の略称でした。
最近では、サラ金ではなく消費者金融と呼ぶことも多いようです。

サラ金は、「お金を貸す」ことを専業にしている会社ですが、最近ではもともと「クレジット」の事業をしていたような会社も個人宛に「キャッッシング」といってカードでお金を貸すことも増えてきました。
ですから、「○○信販」や「○○カード」といった会社の契約者でも気軽にお金を借りることができるようになっています。

そこで気になるサラ金の金利ですが、年利18%以上、29.2%以下で貸し付けを行っています。
この年利については違法な利息ではないために、サラ金の利用者は便利ですぐに借りられるという点で利点があるようです。
また、通常一般に銀行でお金を借りる場合などは担保や、審査、保証人などが必要になったりするのですが、サラ金ではそういった面倒な手続きなどがありません。
サラ金は個人が現金が必要になったときに、面倒な手続きもなく早急に手に入れられるありがたい方法でもあるのです。

借金で困ったら債務整理エージェントにお願いするのもありですね。実際はそんなエージェントいないのですが、サイトのキャラクーで債務整理エージェントというのいてかなり面白いので紹介しています。借金問題で悩まれているのならかなり詳しく書かれているので一度見てみるのもありだと思います。